オーガニックその他いろいろ説明

養毛シャンプー

養毛シャンプー体験

当店で扱っているオーガニック養毛ジェルシャンプーの体験

ヘアーサロンマキで扱っているオーガニック商品の中の養毛ジェルシャンプー&コンディショナーです。

このシャンプーは、東海商工会議所の一店逸品事業にも参加しています。

養毛ジェルシャンプー

↑これです

この商品、店頭で販売してますが、通販もしています。
こちらです→通販サロンマキ

 

通販サロンマキバナー


養毛ジェルシャンプー

それで、この養毛ジェルシャンプー
髪にハリがでます。ボリュームがでます。

パリッとしてクセ毛がおさまってきます。
すべて体験しました。

私それまではオーガニックシャンプーを使ってました。
これでも、それまで使っていたシャンプーに比べても、サラッとしてスタイルが決まっていたのですが、
結婚してしばらくした頃、

嫁うちの嫁さんに

「最近、ちょっと薄くなってきたから、この養毛ジェルシャンプーを使ったら?」

マキ店長(とうとう言われたか・・・。)

 

と言われ、私も(ムカッとはしましたが)
気にはなっていたので早速オーガニックシャンプーから養毛ジェルシャンプーに代えてみました。
使ってすぐ効果が出ることはないのですが、5~6日続けて使うと
違いがわかってきます。

お、おぉ、おぉぉぉぉ。!!!!!!!!

なんだか、髪が、なんとなく、、

髪にハリがでます。

ホント!!根元に立ち上がりがついた感じになります

見てみるとわかりますが、このシャンプー白い粒々が入っているんです。

養毛の白いツブ

金粉入りのお酒みたいです。
この白い粒々は天然ビタミンEだそうです。
そして、養毛と名のついているだけあってヒノキチオール配合です。

ヒノキチオール(Hinokitiol)は、台湾ヒノキ油、青森産ヒバ油およびウエスタンレッドセダー油などの中に存在する結晶性酸性物質で、頭皮の殺菌作用があることがわかっています。

ヒノキチオールには殺菌作用のほかに、すぐれた消炎作用があり、また浸透力が強く、皮膚の深部に入り皮膚の細胞に適度の刺激を与え細胞の新陳代謝を正常化する働きがあり、強力な細胞賦活剤として認められています。

など、抗菌、毛髪発育促進、皮膚疾患などに効果がありますね。
あきらかに他のシャンプーとはちがう感じですね。
なんだか効きそ~!!

養毛シャンプー

それからこのシャンプーに説明がびっしり書いてあります。

天然ビタミンの安定性と新鮮さを求めて、それをマイクロカプセルに包み込みました。新鮮で安定した天然ビタミンを大切に保存し、シャンプーの時に毛髪と頭皮に有効的に働くようにした新しいタイプのシャンプー剤です。指定成分が含まれていないシャンプー剤にありがちな、しっとりとして重く、張りやボリューム・弾力、軽やかな風あいや、パーマのウェーブやカールに課題を持つタイプではなく、洗いあがりが爽やかで、髪に“張りとボリューム”を出しツヤとヘアのスタイル性に優れ、パーマウェーブやカールををよりよく出せるものです。 ご使用法は お湯で髪をよくぬらしてから、ショートヘアの人で約2、5ml(コーヒー用のミルクカップの半分)を髪全体につけ、軽く洗います。一度め洗いのときは、総体的に泡立ちがよくありませんからごしごし洗わないで、軽く髪全体にシャンプー剤をゆき渡らせる程度にとどめ、あとお湯で髪をゆすぎます。そしてもう一度、シャンプー剤2、5mlで洗います。この時は、泡立てて良く洗い、あとお湯でよくゆすいでください。 シャンプー剤は二度洗いをオススメします。ヘアの“張り・ボリュームとツヤ”とヘアのスタイル性とパーマウェーブとカールの出方などがよくなります。

時間があったら読んで見てください。

養毛ジェルシャンプー

私はここ15年以上使っています。

使っている感想として

まず、髪にハリがでます

ホント!!根元に立ち上がりがついた感じになります。

立ってる~立ってる~~

ふわっとなってる~~~

そして

パリッとして、サラッとします。

また、頭皮がしっかり洗えているので
毛穴の汚れもしっかり洗えてる感じします。

汚れが無くなったのか、
ちょっと寒いなと感じるくらい、スカッとしてます。ははは。

クセ毛薄毛の方に使ってもらうといいですね。髪にハリがない方にもいいですね。

オススメ。

簡単に言いますとこのシャンプーは、
仕上がりがとっても軽く、
使いづづけると髪にハリがでてきます、ボリュームも出てきます。
そして、パリッとした感じになってクセ毛もおもさまってきます。

そんな感じです。 ぜひ使ってみてください。

また、養毛ジェルシャンプーの説明を動画でもやっております。

ご参考までにどうぞ。

ハリとボリュームが出てきます。髪がふんわりしてきます。オーガニック養毛ジェルシャンプーの商品説明「前編」

「後編」

 

通販サロンマキバナー

養毛ジェルコンディショナー

ジェルコンディショナーはこんなのです。

私が思うに、このリンス髪の細い方コシのない方にひじょ~に良いリンスだと思います。
養毛ジェルシャンプーとジェルコンディショナーの組合せがバッチリあいますね。

伸びと溶け具合がよく使いやすいです。

一時、ジェルコンディショナーがなくてオーガニックリンスをつかっていたときがあったのですが、やはりパリッとした感じやサッパリ感、根元の立ち上がり具合がちがいましたね。

もう養毛ジェルコンディショナーなしの生活なんて考えられない。。

ぜひ使ってみてください。。

購入はこちらから

通販サロンマキバナー

 

養毛ジェルシャンプー

 

オーガニック養毛ジェルシャンプー
300ml ¥2,000+(消費税)

養毛ジェルコンディショナー

オーガニックジェルコンディショナー
330ml ¥2,200+(消費税)

ダメージヘアには

ダメージヘアには

ダメージヘアの原因

髪は傷んだら治らないと思ってもらっていいでしょう。
基本は傷ませないこと傷みの原因となることをしないことでしょうか。
また、知らず知らずのうちに、傷みの原因となることをしている場合もあります。それら傷みの原因を知ることにより予防できることもあります。

  • パーマ
  • カラー
  • ドライヤー
  • 紫外線
  • ブラッシング
  • 静電気
  • 髪の栄養不足
  • ヘアアイロン
  • スタイリング剤

ヘアーサロンから見ると、 パーマ、カラーが多いでしょうか。これらは、当店でやっていてこんなこと書くのもなんですが、多少の傷みがでます。基本的には必要以上に傷ませないというのが正しいでしょう。何度も繰り返しかけるというのは、ひかえましょう。

ただ、当店でやっているオーガニックパーマ、カラーに関しては、かなり傷みが少ないです。

詳しくはこちら→オーガニックヘアケア

 

他に日常的に紫外線、静電気、普段の生活環境もあるでしょうね。これらは、仕方が無い部分もありますが、対処法もそれなりにあると思います。普段から気をつけてみましょう。

ヘアアイロンを使われる方には、何度もゴシゴシかけるのはよくないです。アイロンをかける回数を決めるなどして無理に傷ませないようにしましょう。

ダメージヘアにはトリートメント

ダメージヘアにはやはりトリートメントが一番です。

ライトトリートメント

ご自宅でのヘアケアが髪のいい状態を保ちます。
洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあり、いろいろ使い分けてみるのもいいでしょうね。

 

ダメージヘアのトリートメント法

トリートメントは、シャンプー後リンスの前に付けてください。
シャンプー → トリートメント → リンス
の順番です。

上手なシャンプー法はこちらで書いてありますのでご参考にしてください。
→ 上手なシャンプーの仕方

トリートメントの回数ですが、週2~3回くらいで十分だと思います。

 

トリートメントQ&A

 

Q.トリートメントは、毛髪を保護するものだからあまり洗い流さない方が効果があるように思うのですが?

A.頭皮や毛根には逆効果です。いくらしっかりすすいでも髪に必要な量のトリートメントは落ちません。よくすすいで頭皮や毛根に成分が残らないようにしましょう。

 

Q.しっかりすすいでも落ちないってどうして?

A.トリートメント(リンス)は、単に髪に付着しているのではありません。イオン結合といって電気的に髪と結合しているのです。ですから、お湯で洗い流したくらいでは落ちないのです。

などがあります。

トリートメントはダメージ毛に効果があります。しかし、かなりのダメージ毛には、ある程度の効果は出ますが、髪が完全に元通りになるというわけではありません。
基本は、髪を傷めないようにして、もし傷んだらトリートメントをということになります。
傷んだ髪は元には戻りません。できるだけ傷ませないようにしましょう。

 

効果的なトリートメント

効果的なトリートメントとして、トリートメントをつけてからの放置時間を延ばしてみるのがいいです。いつもより1~2分長くするだけでも効果は違います。

さらに、、保温と放置時間

トリートメントをつけて頭にタオルを巻き保温します。時間は5分くらい。時間を置いて毛髪の温度を上げます。そうすると、更に効果が上がります。

上手なシャンプーの仕方

シャンプーは、2度洗いと頭皮を洗うことが大事です。

シャンプーは2度洗いが基本です。
シャンプーがしっかりできると、スタイルもきまり、スタイリングが楽になってきます。

そして、頭皮をしっかり洗いましょう。
髪の汚れは割と簡単に落ちますが、頭皮の汚れは頑固です。

上手なシャンプーの手順

このような手順でシャンプーをするとスタイリングも楽になってきます。

  1. すすぎ
  2. シャンプー1回目(洗浄)
  3. シャンプー2回目(マッサージ)
  4. すすぎ
  5. トリートメント
  6. リンス

すすぎ

髪と頭皮をお湯でよくすすぎます。
よくすすぐと汚れの7割が落ちると言われています。

シャンプー1回目(洗浄)

シャンプーを小さじ一杯程度手に取り泡立ててシャンプーします。
1回目のシャンプーは、髪の汚れや頭皮の皮脂であまり泡立ちません。無理にゴシゴシせず、軽く泡立てたらお湯ですすぎます。ゴシゴシ洗うと髪を傷める原因にもなるので、ご注意を。
流し終わったらもう一度同じ量(前より少し少なめでも良い)を取って泡立ててください。

シャンプー2回目(マッサージ)

1度目と違い、よく泡が立ちます。2回目は頭皮のマッサージを兼ねてのシャンプーになります。
このマッサージシャンプーは、髪を洗うのではなく頭皮を中心に洗い頭皮をマッサージします。頭皮の汚れはなかなか落ちませんのでしっかり洗いましょう。指の腹を使ってもむようにマッサージしてください。血行が良くなる・毛穴の汚れを取るなどの効果があります。
やさしく丁寧にマッサージしてください。

すすぎ

マッサージが終わったらお湯できれいにすすいでください。
シャンプー剤を頭皮に残すはあまりよくないです。しっかりすすぎましょう。
オーガニックシャンプーで洗うとすすぎ時にきしみがでますが、これは余分なものがきれいに取れた状態で正常です。

トリートメント

週2~3回でいいですが、、。
トリートメントのやり方は詳しくはこちらからどうぞ。
→ダメージヘアには

リンス

リンスには、髪の保護・紫外線防止の効果もあります。シャンプーだけでなくできるだけリンスもいっしょにやりましょう。
リンスはなるべく頭皮につけないように髪につけます。つけ終わったらお湯でしっかり流します。すすぎ残こしは、リンス効果をかえって悪くしますのでしっかり流しましょう。

髪が長い場合

リンスを長い髪全体に行き渡らせるには大量のリンスが必要になります。お湯に溶かして使うと少量でも髪全体に行き渡り経済的です。

洗面器にコップ4~5杯分のお湯を張り、約5~10㏄のリンスをお湯に溶かします。
リンスを溶かしたお湯を髪全体にまんべんなく行き渡るようにしてください。
お湯でよくすすぎます。リンスが余分に残っているとツヤ・手ざわりが悪くなりますのでよくすすいでください。

頭皮をしっかり洗う

シャンプーは髪よりも頭皮を洗うのがいいです。

シャンプーは髪を洗うよりは頭皮を洗う感覚で行います。髪の汚れは割と簡単に落ちますが、頭皮の汚れは頑固です。

洗い上がりがしっとするシャンプーは頭皮にしっかりと成分を多く残してしまい毛根を塞いでしまうことがあります。

しっとり系の毛穴
しっとり系シャンプーを使用している頭皮
↑余分な皮脂などは雑菌のエサになります

オーガニックの毛穴
オーガニックシャンプーを使用している頭皮

マッサージシャンプーをするときの注意

爪を立てずに指の腹を使ってください。

市販のしっとり系しゃんぷーでは逆効果(しっとり成分で毛穴が詰まる」になる場合があります。

マッサージシャンプー時の注意