ソフトトリートメント

オーガニックライトトリートメント

しっとりなのに“軽やか” “品の良い”ヘアコンディションに

オーガニックのシャンプー&リンスとセットでご使用ください。

こちらは店販用になります。

“軽くて・しっとり・しなやか”な仕上がり感が爽快

ライトトリートメント  350g

ライトトリートメント

クリーム状で伸びが良く、少量でも高機能。べとついたり、重い感じはなく、指通りもスムーズ。
“軽くて・しっとり・しなやか”な仕上がり感が爽快!

新感覚のトリートメントです。

ライトトリートメント

 

350g ¥3,500+(消費税)

ライトトリートメント1000g

990g ¥8,000+(消費税)

購入はこちらからどうぞ
通販サロンマキライトトリートメント

ダメージヘアのトリートメントがこちらに載せてあります。
ご参考までに→ダメージヘアには

クセ毛の髪

クセ毛お悩み解決法

クセ毛には多い・硬い・太いというものから縮毛・波状毛やゆるくピンパーマをかけたくらいのクセ毛まであり、お好みのスタイルをする場合、クセによってスタイルがやりにくい・キマらないなどいろいろお悩みを聞いています。

クセ毛達

当店でも、そういうクセ毛、生えクセのお悩みを持った方が多数見えていて、ここではそのお悩みにできるだけ解決できるようマキでの解決法を載せておきます。
ご参考までに。。

多い・硬い・太いの髪質のクセ

多い・硬い・太いの3つは、日本人(アジア人)の特徴的な髪質で、また若い人に多いです。お悩みとしては、まとまらない、膨らむ、おさまらない、重いなどです。

カットでの解決法

まずは毛量調節ですね。これが一番。ふくらみを抑えるにはこれしかないです。
毛量調節には、ハサミでの間引き、セニング(梳きバサミ)、レザーカットなどがあります。最近は、スタイル的にもハサミで根元から間引くというのが多く、無造作感・空気感・ワサワサ感を出すのに多用しています。また、この毛量調節をすることによって、ボリュームを抑えたりスタイルがしやすくなってきます。

間引き図
間引き図
梳きバサミ
梳きバサミ
レザー
レザー

シャンプーでの解決法

嫁さん

剛毛の場合、しっとりとさせるには・・やっぱりこれ。オーガニックシャンプー&リンス&SSローションαでしょう。

うちの嫁さんで実証済みです。

オーガニックシャンプー
オーガニックシャンプー
オーガニックリンス
オーガニックリンス
SSローションアルファ
SSローションアルファ

うちの嫁さんは剛毛で、太く・多く・硬いの3拍子で、オーガニック商品を使うことによって朝のスタイリングがとても楽です。
オーガニックシャンプーでしっとりとして落ち着かせます。

詳しくはこちら→オーガニックシャンプー
SSローションを使うと朝のスタイリングもとても楽!!

詳しくはこちら→オーガニックSSローション

スタイリングの解決法

ワックス等を使う場合、多い・太い・硬い人は、基本的にハード系のもので抑えるということになります。他にもジェルやグリース、ポマード等ガッチリできるのがあります。
ワックスが主流になってます。

また、最近はバーバースタイルというレトロなスタイルが増えていますので、そのスタイルの時はグリースがお勧めですね。カチッとおさえられて崩れない。

当店で使っているワックスは、基本的にナカノのワックスと資生堂ワックスです。

ナカノワックス
ナカノワックス
資生堂ワックス
ステージワークス
クールグリース
クールグリース

スタイリングの仕方として、ベース作りから入ります。ドライヤーは上から下に当てるのが基本になりますふくらまないよう抑えましょう。。

詳しいスタイリングの仕方はこちら→スタイリング

結果的にカットがしっかりできていないと、スタイリングに時間がかかってしまいます。
私は常にお客様自信でスタイリングしやすいようにカットしています。

波状毛~ゆるめのクセ毛の髪質

クセ毛には縮毛・波状毛なとからゆるくピンパーマをかけたくらいのクセ毛まであります。

縮毛
縮毛
波状毛
波状毛
ゆるいクセ
ゆるいクセ

当店では波状毛~ゆるめのクセ毛の方に
「クセを生かす」
方向でスタイル・セットのやり方をおすすめしています。

縮毛の方にはやはり、ストレートパーマをオススメしています。

ヘアースタイルでの解決法

ミディアム系ならボディパーマ・外ハネ風、
ショート系ならなんでもOK。
特に多いのは前髪のクセについてですね。クルンとなってしまう、まっすぐ下りてくれない、ハネてしまうなど。基本的に長く伸ばすのはよくないかも。やはり曲がりやすくなってしまいます。クセが強い場合短めで行きましょう。できれば、オデコを見せたスタイルがいいでしょう。
ヘアースタイルでどうしても前髪を長くしたい方は、下に書いてあるブローをしてみてください。それである程度はいけるかと思います。
あと、もみ上げのクセが気になる方も多数あります。クセが強くなければ残していきますが、強いクセがある場合、短くカットしてもみ上げの上の髪でかぶせます。
生え際の髪はどうしてもクセがでやすいです。

スタイリングの解決法

やはり直毛の人に比べると余分にやらなければならないことがあり、クセ毛の人は大変ではあります。でも、しかたがない。自分の髪です。だれも文句はいいませんのでがんばって時間をかけてやってみましょう。

当店ではドライヤーをつかって根元を起こすことやブロー(髪を伸ばす)をすることをおすすめしています。根元がつぶれていると毛先がうねりやすいのです。
ドライヤーとブラシでしっかりと根元を起こしてください。根元が起きるようにブラシを入れ、ドライヤーをあてて、しっかりと冷まします。それからブラシを外します。
しっかりと冷ますのがポイント。スタイリングのページでも書いていますが、しっかりと冷ましてからブラシを取ってください。
また、ブローすることによって、髪を程よく伸ばし、サラサラまではいかなくてもフワフワとした感じが出せるようになります。
使う道具としてはロールブラシがあるといいです。→ブラシ
こんなのがない場合は、女性の方が使うクルクルドライヤーみたいのがあるといいでしょう。。
やはりこれも先ほどと同じように温めたら冷ます、というのがポイントです。
ほかにストレートアイロンで伸ばすということもありますが、女性の方とちがってそんなに髪の長さがないので扱いにくいかもね。でも、毛先の処理(毛先がピンピン)がしたい場合にはいいかと思います。

また、スタイリング剤をつける場合、前髪には基本的につけないようにします。スタイリング剤をつけるとクルンとなってしまうんだよね。(お店で何回もやってしまいました)
前髪を上げる人にはつけてもいいですが、下ろす人にはつけない方がいいでしょう。
クセ毛に関してある程度のお悩み解決法を載せてみました。まだ、ほかにもクセ毛お悩みがあるかとおもいますが、ご質問・ご意見等ありましたらヘアーサロンマキお問い合わせの方で受け付けています。
できる限りお答えします。。

お問い合わせページはこちら→お問い合わせ

ダメージヘアには

ダメージヘアには

ダメージヘアの原因

髪は傷んだら治らないと思ってもらっていいでしょう。
基本は傷ませないこと傷みの原因となることをしないことでしょうか。
また、知らず知らずのうちに、傷みの原因となることをしている場合もあります。それら傷みの原因を知ることにより予防できることもあります。

  • パーマ
  • カラー
  • ドライヤー
  • 紫外線
  • ブラッシング
  • 静電気
  • 髪の栄養不足
  • ヘアアイロン
  • スタイリング剤

ヘアーサロンから見ると、 パーマ、カラーが多いでしょうか。これらは、当店でやっていてこんなこと書くのもなんですが、多少の傷みがでます。基本的には必要以上に傷ませないというのが正しいでしょう。何度も繰り返しかけるというのは、ひかえましょう。

ただ、当店でやっているオーガニックパーマ、カラーに関しては、かなり傷みが少ないです。

詳しくはこちら→オーガニックヘアケア

 

他に日常的に紫外線、静電気、普段の生活環境もあるでしょうね。これらは、仕方が無い部分もありますが、対処法もそれなりにあると思います。普段から気をつけてみましょう。

ヘアアイロンを使われる方には、何度もゴシゴシかけるのはよくないです。アイロンをかける回数を決めるなどして無理に傷ませないようにしましょう。

ダメージヘアにはトリートメント

ダメージヘアにはやはりトリートメントが一番です。

ライトトリートメント

ご自宅でのヘアケアが髪のいい状態を保ちます。
洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあり、いろいろ使い分けてみるのもいいでしょうね。

 

ダメージヘアのトリートメント法

トリートメントは、シャンプー後リンスの前に付けてください。
シャンプー → トリートメント → リンス
の順番です。

上手なシャンプー法はこちらで書いてありますのでご参考にしてください。
→ 上手なシャンプーの仕方

トリートメントの回数ですが、週2~3回くらいで十分だと思います。

 

トリートメントQ&A

 

Q.トリートメントは、毛髪を保護するものだからあまり洗い流さない方が効果があるように思うのですが?

A.頭皮や毛根には逆効果です。いくらしっかりすすいでも髪に必要な量のトリートメントは落ちません。よくすすいで頭皮や毛根に成分が残らないようにしましょう。

 

Q.しっかりすすいでも落ちないってどうして?

A.トリートメント(リンス)は、単に髪に付着しているのではありません。イオン結合といって電気的に髪と結合しているのです。ですから、お湯で洗い流したくらいでは落ちないのです。

などがあります。

トリートメントはダメージ毛に効果があります。しかし、かなりのダメージ毛には、ある程度の効果は出ますが、髪が完全に元通りになるというわけではありません。
基本は、髪を傷めないようにして、もし傷んだらトリートメントをということになります。
傷んだ髪は元には戻りません。できるだけ傷ませないようにしましょう。

 

効果的なトリートメント

効果的なトリートメントとして、トリートメントをつけてからの放置時間を延ばしてみるのがいいです。いつもより1~2分長くするだけでも効果は違います。

さらに、、保温と放置時間

トリートメントをつけて頭にタオルを巻き保温します。時間は5分くらい。時間を置いて毛髪の温度を上げます。そうすると、更に効果が上がります。

オーガニックSSローション

オーガニックSSローション

髪の傷みを修復する魔法のセット剤です

SSローションはこんなあなたにピッタリです!

  • セット剤は使いつづけると、髪がパサパサになるので困る・・
  • 敏感肌なので、セット剤が頭皮につくのがとっても心配・・
  • 髪の美しさにはトコトンこだわっている!
  • ダメージが気になって、好みのヘアスタイルやヘアカラーができない・・
  • セット剤で髪や手がベトベトするのが嫌い!
  • 髪の傷みを修復する魔法のセット剤

オーガニックSSローション
あきらめないで!
誰でもほんの少しの努力で髪美人になれる!
使うたびに少しずつ髪が綺麗になっていきます!

特許取得の毛髪改良剤です。毎日、使うことによって髪を少しずつ健康な状態に近づけていきます。

濡れた髪につけておくと“ツヤ・手ざわり・弾力”が良くなり仕上がり感が抜群!自然乾燥でも綺麗にまとまります。乾いた髪につけてセット剤としても使え、しっかりしたヘアスタイルに仕上がります。

ムースやジェル、スプレー、ヘアワックス等を使う前に髪に塗っておくと髪を保護してパサつきをなくします。毛染に少量混ぜて使用するとダメージを抑えてツヤと手触りが良くなります。

オーガニックSSローション

セット力&ツヤのしっかりタイプ

オーガニックSSローションα1

ベトつかずヘアスタイルをしっかり整えます。
綺麗にヘアスタイルを保ちます。
セット力やツヤのほしい方はこちら

200ml ¥2,500+(消費税)
詰替え用600ml ¥5,500+(消費税)

購入はこちらからどうぞ

→ オーガニックSSローションα1 通販サロンマキ

 

やわらか&しっとりのしなやかタイプ

オーガニックSSローションα

オーガニックSSローションα

シャンプー後濡れている髪につけます。
乾いた後“しっとり・サラサラ”に!自然でツヤのある美しい髪に仕上がります。
やわらかくしっとりさせたい方はこちら

400ml ¥4,500+(消費税)
詰替用 800ml ¥7,000+(消費税)

購入はこちらからどうぞ

→ オーガニックSSローションα 通販サロンマキ


オーガニックSSローションの上手な使い方

オーガニックSSローションを上手に使うには次の4つがあります。参考にして使ってみてはいかがでしょうか。

  • 仕上がり感で使い分け
  • 夏のスタイリング活用法
  • お風呂上りで美髪効果
  • 帽子グセ

仕上がり感で使い分け

オーガニックSSローションは、乾燥後の「仕上がり感」で使い分けができるようになってます。
やわらかくふんわりとした状態になる SSローションα (アルファ)
しっかりボリュームアップとした状態になるSSローションα1 (アルファワン)
このちがいを上手く使い分けると便利です。

仕上がり感で使い分け 例1

髪の根元から中間部分にはα1 (アルファワン)を使って髪全体をボリュームアップ。
後から、毛先の部分にα (アルファ)を塗布してください。
アップスタイルなのに毛先は動きのあるスタイルを楽しめます。

仕上がり感で使い分け 例2

α (アルファ)を髪全体に塗布してやわらかい仕上がりにしておいて、
乾燥後α1 (アルファワン)で部分的にスタイリング。

スタイルの仕上がり感をコントロールできます。
片方だけでも仕上がり感をコントロールできます。

  • 濡れた髪にα (アルファ)を使えばやわらかさを強調。
  • α1 (アルファワン)塗布後低い温度のドライヤーで乾かすとさらさらした仕上がりになります。

夏のスタイリング活用法

SSローションを使って高温・多湿等、ヘアにとって最も過酷なシーズンを乗り切りましょう。

髪が拡がってしまう・海水浴の後

トリートメントやリンスをする前にSSローションを塗布して、その上からオーガニックトリートメントやリンスをしてみてください。
いつもよりトリートメントやリンスの効果がアップします。(もちろんオーガニック商品に限ります)

ペタンコになる・ボリュームが欲しい方

シャンプーに少量(全体の10分の1くらい)SSローションを混ぜて使ってください。
いつもより髪の立ち上がりやハリ・ボリュームがアップします。

スタイリングに手間取る・汗でスタイリングが崩れる

市販の水スプレー容器にSSローションを10~20㏄入れて、水で2~3倍に薄めます。(長期保存には向かないので少量)
スタイリングする前に髪全体にスプレーして、SSローションでスタイリングしてください。
スタイルの持続性がアップします。

それでもうまくいかない

もしかして、しっとり系シャンプーをお使いでは?
しっとり系シャンプーの場合は、髪や頭皮に残った余分な成分が汗や湿気と反応して、髪のスタイル性に影響を与えます。「まとまらない」「ペタンコになる」等でてきます。特に夏場は顕著に出てきますので、髪や頭皮の健康のためにもさっぱり系シャンプーで洗いましょう。
出来ればオーガニックでね。。

お風呂上りで美髪効果

お風呂上りの髪にSSローションをつけて乾かしてもらうと、いつもより「髪を柔らかく」仕上げることが出来ます。これは、ほんの少し濡れた髪の方が効率よくSSローションを吸収してくれるためです。

  • 翌朝、寝グセが付きにくい
  • 朝のスタイリングがしやすい
  • 次の日のローション浸透が早い
  • 髪にハリ・弾力がでる
  • 髪のおさまりがいい

SSローションは保水効果のあるローションです。
髪は月日を重ねるごとに徐々に水分を蓄える能力が衰えてきます。毛先に行くほど髪のダメージが出やすいのもこのことが要因です。

そこで、
傷んだ髪をケアするためにも髪が水分をたっぷり含んでいるうちにSSローションで髪の保水効果を高めてあげましょう。
パサパサのダメージ部分も柔らかくおさまりの良い状態に。

帽子グセ

一度に大量の朝をかき易い時期に帽子を取ったら・・・「あとがくっきり」ということがあると思います。
一度着いたクセをとることはできても、落ちたボリュームまで回復させるのは至難の業。

でも、SSローションを使えば、髪のクセ直しと同時に毛を根元からボリュームアップ。重ねづけしても、髪を傷めることなく、このSSローションの特性のスタイルの再現性ですばやく簡単にスタイリングが出来ます。

どこでも簡単スタイリングです。

上手なシャンプーの仕方

シャンプーは、2度洗いと頭皮を洗うことが大事です。

シャンプーは2度洗いが基本です。
シャンプーがしっかりできると、スタイルもきまり、スタイリングが楽になってきます。

そして、頭皮をしっかり洗いましょう。
髪の汚れは割と簡単に落ちますが、頭皮の汚れは頑固です。

上手なシャンプーの手順

このような手順でシャンプーをするとスタイリングも楽になってきます。

  1. すすぎ
  2. シャンプー1回目(洗浄)
  3. シャンプー2回目(マッサージ)
  4. すすぎ
  5. トリートメント
  6. リンス

すすぎ

髪と頭皮をお湯でよくすすぎます。
よくすすぐと汚れの7割が落ちると言われています。

シャンプー1回目(洗浄)

シャンプーを小さじ一杯程度手に取り泡立ててシャンプーします。
1回目のシャンプーは、髪の汚れや頭皮の皮脂であまり泡立ちません。無理にゴシゴシせず、軽く泡立てたらお湯ですすぎます。ゴシゴシ洗うと髪を傷める原因にもなるので、ご注意を。
流し終わったらもう一度同じ量(前より少し少なめでも良い)を取って泡立ててください。

シャンプー2回目(マッサージ)

1度目と違い、よく泡が立ちます。2回目は頭皮のマッサージを兼ねてのシャンプーになります。
このマッサージシャンプーは、髪を洗うのではなく頭皮を中心に洗い頭皮をマッサージします。頭皮の汚れはなかなか落ちませんのでしっかり洗いましょう。指の腹を使ってもむようにマッサージしてください。血行が良くなる・毛穴の汚れを取るなどの効果があります。
やさしく丁寧にマッサージしてください。

すすぎ

マッサージが終わったらお湯できれいにすすいでください。
シャンプー剤を頭皮に残すはあまりよくないです。しっかりすすぎましょう。
オーガニックシャンプーで洗うとすすぎ時にきしみがでますが、これは余分なものがきれいに取れた状態で正常です。

トリートメント

週2~3回でいいですが、、。
トリートメントのやり方は詳しくはこちらからどうぞ。
→ダメージヘアには

リンス

リンスには、髪の保護・紫外線防止の効果もあります。シャンプーだけでなくできるだけリンスもいっしょにやりましょう。
リンスはなるべく頭皮につけないように髪につけます。つけ終わったらお湯でしっかり流します。すすぎ残こしは、リンス効果をかえって悪くしますのでしっかり流しましょう。

髪が長い場合

リンスを長い髪全体に行き渡らせるには大量のリンスが必要になります。お湯に溶かして使うと少量でも髪全体に行き渡り経済的です。

洗面器にコップ4~5杯分のお湯を張り、約5~10㏄のリンスをお湯に溶かします。
リンスを溶かしたお湯を髪全体にまんべんなく行き渡るようにしてください。
お湯でよくすすぎます。リンスが余分に残っているとツヤ・手ざわりが悪くなりますのでよくすすいでください。

頭皮をしっかり洗う

シャンプーは髪よりも頭皮を洗うのがいいです。

シャンプーは髪を洗うよりは頭皮を洗う感覚で行います。髪の汚れは割と簡単に落ちますが、頭皮の汚れは頑固です。

洗い上がりがしっとするシャンプーは頭皮にしっかりと成分を多く残してしまい毛根を塞いでしまうことがあります。

しっとり系の毛穴
しっとり系シャンプーを使用している頭皮
↑余分な皮脂などは雑菌のエサになります

オーガニックの毛穴
オーガニックシャンプーを使用している頭皮

マッサージシャンプーをするときの注意

爪を立てずに指の腹を使ってください。

市販のしっとり系しゃんぷーでは逆効果(しっとり成分で毛穴が詰まる」になる場合があります。

マッサージシャンプー時の注意

 

オーガニックシャンプー

ヘアスタイルがきまるシャンプー

“きめ細かでソフトな泡立ち”
“すすぎ時のキレの良さ”で
心地よいきしみ感がキュキュッと爽快です

ヘアスタイルがきまるシャンプーです
ツヤ軽やかさに自信があります。

成分が良質で余分な物が入っておらず一般のシャンプー半分以下の使用量できめ細かい上質の泡立ちです。
プロが勧める当店自慢のシャンプーです。ボリューム・弾力もUPします。
ツヤ&軽さに自信あり!

低刺激ですので、敏感肌の方にもお使いいただけます。
髪のツヤ・手ざわり・風あいが良くなり、使い続けると、くせ毛もおさまってきます。

髪質によるシャンプー選び

髪質にあったシャンプーを選びましょう。オーガニックシャンプーには髪質にあわせて2種類あります

すべての髪質の方に オーガニックシャンプー

オーガニックシャンプー

すべてのシャンプーの基本になります。まずはここから。 髪に余分な成分が付着しないので、市販シャンプーにありがちなコテコテ感がなく、洗いあがりがサッパリとしています。余分な成分が入ってないので洗っている時は少しキシみますが、乾かしてみるとサラサラとしてきます。

髪のツヤ・手ざわり・風あいが良くなり、使い続けると、くせ毛もおさまってきます。

ヘアスタイル重視の方にどうぞ
400ml ¥2,500+(消費税)
250ml ¥1,800+(消費税)

購入はこちらからどうぞ→通販サロンマキ オーガニックシャンプー

髪が細い、クセ毛、フケ・敏感肌でお悩みの方に オーガニック養毛ジェルシャンプー

養毛ジェルシャンプー

髪が細くてコシがない方に、髪にハリ、コシがでてくるシャンプーです。基本のオーガニックシャンプーより、コシ、ハリがでて、パリッとした感じがします。
スタイル性もオーガニックシャンプーに匹敵する良さです。白い粒々は、小麦胚芽・大豆・菜種など主に植物の種子中に存在する天然のビタミンEです。 ビタミンEには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑制し老化を抑えます。毛細血管の血行を良くする効果があり養毛効果も期待できます。

また、抗菌・毛髪発育促進・皮膚疾患などに効果があるといわれているヒノキチオール配合です。 できればオーガニック養毛ジェルコンディショナーと合わせてお使いください。

300ml ¥2,000+(消費税)

購入はこちらからどうぞ→通販サロンマキ 養毛ジェルシャンプー

シャンプー剤は“きしむ”方が良い

オーガニックシャンプーは、市販のしっとりシャンプーと違い、すすぎの際に髪がきしむ感じがしますが、それは残留成分を極力無いようにするための目的で、そのようなすすぎ心地にしています。その分、乾燥後は髪に余分な成分が残っていないので、スタイリング性やキープ力、髪の軽さ、頭皮や毛穴を美しく保つ能力は、時間が経過するほど顕著に現れてきます。

”きしみ” じつはこれがけっこう大事なんです。
知らないと損をするその4つの理由とは

髪は本来、洗った後はきしんでいるのが正常な状態です。

食器を洗った後に、ヌルヌル・ベタベタしていたら気持ち悪くて、しっかりと潜在が落ちていない気がしますね。
シャンプーしてすすいだ後も髪がしっとりとしている状態は、これと同じでしっかりシャンプー剤が落ちていません。
髪は本来、洗った後はきしんでいるのが正常な状態です。

シャンプー剤を髪に残すタイプ

シャンプー剤がいくらよくすすいでも髪に残ることはあまり知られていません。シャンプーをした後にしっかりとすすいでもシャンプーの匂いはしますね。これはシャンプー剤が髪に残っているからなのです。
すすいでも、しっとりしているシャンプー剤は特にたくさんのシャンプー剤を髪に残すタイプということです。

きしむシャンプー剤がお奨め

そのシャンプー剤は、髪に残るだけでなく毛根・頭皮等にも残り変性毛や脱毛・カブレの原因になることもあります。
特にムースやジェル、スプレー、ヘアワックス等を使っている方は、それらの膜もしっかりと落とす為に、洗い上がりがきしむシャンプー剤がお奨めです。

残ったシャンプー剤の重さで立ち上がりません。

ヘアスタイルに関しては、髪に残ったシャンプー剤の重みでパーマのウェーブはダレ気味になり、軽やかさも出なくなり、ヘアスタイルが綺麗に決まりません。
特にボリュームがほしい方には、しっとりタイプのシャンプー剤は向きません。いくらパーマやブローでボリュームをつけても、残ったシャンプー剤の重さで立ち上がりません。

オーガニックシャンプー

オーガニックシャンプーをオススメするよい条件

オーガニックでは、ヘアケアの基本シャンプー、オススメするよい条件があります

オーガニックが推奨するよいシャンプーの条件として

  • 髪の毛に余分なものをできるだけ残さない
  • 髪の毛が持つ自然のスタイリング作用を引き出す

が上げられます。

髪の毛に余分なものをできるだけ残さない

なぜ、余分なものを残さない方がいいのか?

余分なものが残ると、スタイルがしづらく、ゴワつき、ベタつき感がでます。
市販シャンプーなどで、しっとり、ダメージ用に多いタイプです。このタイプは、洗い心地を重視し、髪の感触をよくするために成分を髪に残すように作られています。

食器を洗ったあと、ヌルヌルしていると洗剤が落ちてない気がして気持ち悪いですね。しっとり系シャンプーで洗った後、髪がツルツル・サラサラなのはこれと同じ状態なんです。

しかし、その成分は、髪だけでなく頭皮にも残ってしまい、
毛穴をふさいで薄毛・脱毛・クセ毛・かぶれ・ふけ症の原因になったりします。
シャンプー後濡れた状態で髪がしっとりしているのは、実はすすぎ残こしが多いだけなのです。

髪の毛が持つ自然のスタイリング作用を引き出す

ヘアスタイルに関しては、髪に残ったシャンプー剤の重みでパーマのウェーブはダレ気味になり、立たせたい・ふわっとさせたい場合にもシャンプー剤の重さで、思うようにヘアスタイルが決まりません。
やはり、髪に余分なものを残さないシャンプーというのが、いいということになります。
このシャンプーを使うとホント実感で分かります。
「スタイリング」って「セット」ってこんなに簡単だったんだってね。

オーガニックシャンプー使用の頭皮

オーガニックシャンプー使用の頭皮

毛穴がキレイに開いて、頭皮は良好そうです

オーガニックの毛穴

しっとり系シャンプー使用の頭皮

シャンプーの成分が頭皮に残って毛穴を塞いでいます
意外かもしれませんが、シャンプー後は髪が“きしむ”のが正常な状態です。どんなに健康な髪でもきちんと洗ったあとは少しきしみます。

しっとり系の毛穴

 

オーガニックメニュー

オーガニックメニュー

髪にいい、髪が傷まない

オーガニックメニュー

傷まないパーマや傷まないカラーを体験しよう
普段のオーガニックヘアケアで
理想のスタイリングの仕上がり具合を
体験しよう

まだパーマ、カラーは髪を傷めると思っていませんか?
いいえ、ちがいます。
これからのパーマ、カラーは傷まないのがあたりまえです!!
何回も続けてパーマをかけても髪が傷まず、美しいウェーブが作れます。

オーガニックヘアケア

髪のツヤ・感触・弾力が良くなります

 

オーガニックのこだわり

当店のオーガニック商品に対するこだわりを少し・・。

まず、このオーガニックパーマ・カラーについては、必ず自分の頭で体験をしています。
なのでこの実体験を元に書いています。

このオーガニックメニューは、『髪にいい』『髪が傷まない』、これに尽きます。

傷まないパーマ・カラーでとても簡単に手入れがしやすくなります。

パーマでは、

髪の美しさにとことんこだわっていて、パーマをかけるとどんどん髪が良くなってきます。

カラーでは、

かなり傷んでいる人でも大丈夫。また、地肌がひりひりしません。
女性のお客様には、髪の美しさにとことんこだわってもらいたい。
男性のお客様には、スタイルのしやすさを実感してもらいたい。
つまり「髪のこだわり」のサロンということです。

 

髪のこだわりオーガニックメニュー

オーガニックパーマ
オーガニックカラー
オーガニックトリートメント
ぜひ体験してみてください

オーガニック化粧品メーカー

オーガニックヘアケア

髪のお手入れは頭皮のお手入れから
頭皮のお手入れしてますか?
髪のお手入れは頭皮のお手入れからです

オーガニックでは、
ヘアケアの基本シャンプー、オススメするよい条件があります

オーガニックが推奨するよいシャンプーの条件

オーガニックヘアケア

 

髪の毛に余分なものをできるだけ残さない
髪の毛が持つ自然のスタイリング作用を引き出す
が上げられます。

髪の毛に余分なものをできるだけ残さない

なぜ、余分なものを残さない方がいいのか?

余分なものが残ると、スタイルがしづらく、ゴワつき、ベタつき感がでます。
市販シャンプーなどで、しっとり、ダメージ用に多いタイプです。このタイプは、洗い心地を重視し、髪の感触をよくするために成分を髪に残すように作られています。

食器を洗ったあと、ヌルヌルしていると洗剤が落ちてない気がして気持ち悪いですね。しっとり系シャンプーで洗った後、髪がツルツル・サラサラなのはこれと同じ状態なんです。

しかし、その成分は、髪だけでなく頭皮にも残ってしまい、
毛穴をふさいで薄毛・脱毛・クセ毛・かぶれ・ふけ症の原因になったりします。
シャンプー後濡れた状態で髪がしっとりしているのは、実はすすぎ残こしが多いだけなのです。

オーガニックSSローション

 

オーガニックSSローション

オーガニックのSSローションを使ってパーマ、カラーをかけると、髪と頭皮の状態が改善できて、更にパーマ、カラーの効果を高めてくれます。
パーマ、カラー、ブリーチ等により髪から失われた保水力を、逆にパーマ、カラーを利用して、再び髪に戻して保持でき、また、頭皮に前もって塗っておくことによって頭皮の保護もしてくれます。

手荒れも直った

嫁さん

何よりも、うちの嫁さんが言うには、

「それまでは他メーカーのパーマ液で自分の手があれて困っていたのに、オーガニックに出会ってからは、手があれる事も無く、だんだん肌がツルツルになってきました。本当にビックリしました。こんなに楽しく仕事ができるパーマ液は初めて!もうこれ以外のパーマ液は考えられない!!」
と言っていました。

・・・と言うことは、肌も傷まずツルツルになるなら、髪の毛も傷まず、ツルツルになるということですね!!
これはすばらしい。

まずは、ご自身で試してみてください。

“髪が良くなります”