スタイリングの知識

ある程度ヘアスタイルの知識として知っておいてもらいたいことが3つあります。

 

自分の生えクセを知る

十人いれば十人とも生えクセがあって、その人その人に合わせたスタイリングが必要になります。自分の生えクセなので、ある程度はわかっていると思いますが、あらためて見直してみるといいでしょう。

  • サイドの右サイドは流れやすいけど、左サイドは流れにくいとか、
  • トップが前方に向かって生えていて立たせにくい、とか、
  • つむじが2つあってトップが三角に立つ、
  • えり足が上に向かって生えていてハネる。

軟毛剛毛クセ毛の曲がり具合などを知っておくといいでしょう。

 

クセづけの理屈

髪が少し湿っている状態からクセづけをしたい形にブラシや指などで形を作り、ドライヤーを当てて温めます。そのままの形を維持しながら冷まし、その後にブラシをはなします。
それが基本です。温めて冷ますということです。
髪の水分量が関係してると思いますが、温めて形を維持しながら冷まします。これがクセづけの基本です。

よくある失敗で、形を作って温めてまではいいのですが、ドライヤーを離した時にいっしょにブラシまで離してしまい形が崩れその崩れた状態で冷ましてしまう。なかなかスタイリングがキマらないというのがこのパターンです。

 

できあがりのスタイルをイメージしておく

当然なことですが、細かくパーツに分けてチェックしておくといいでしょう。
トップは根本を立てて毛先は前にもってくる、
サイド耳後ろの1束は外ハネ、
その上の束は内カール、
この部分はランダムにハネだけど、ある部分は左~右にゆるくカールで流す。

 

など立ち上がりや流す方向や寝かせる部分などです。

 

 

通販サロンマキ2号店

通販サロンマキ2号店
サロン商品全般取り扱ってます

髪のお悩み掲示板

髪に関するお悩み投稿をお待ちしております。

マキが一生懸命お答えします。

こちらからどうぞ

髪のお悩み掲示板


 

Copyright © 2017 東海市の理容室 ヘアーサロンマキ . All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.

Free Joomla! template by Age Themes