40代の男性向けヘアスタイル

40代の方たちは、現実的な悩みとして、髪の量の減少がでてきますね。

早く言えば「髪が薄くなってきます」
その問題をどうするかが、40代の男性のスタイルチェンジになってきます。

うすくなる・育毛などの持続方法等もありますが、ここでは薄毛がカバーできるヘアースタイルの提案をすすめていきます。

まず、薄くなるというと、前髪から来るのかてっぺんから来るのか、基本的にその2つです。

前髪から来る薄毛

てっぺんから来る薄毛

 

どちらも今ある髪を上手に残していくのが私たちのカット技術になります。まあ、腕の見せどころといった感じでしょうか。

あとひとつ問題点として、年齢的に新しいヘアースタイルにチャレンジできない、慣れ親しんだスタイルから離れなれない・・など気持ちの切り替えができにくいというのがあります。


まずは、“自分のスタイルを楽しむ”こう思っていろいろ試してみましょう。
いろいろ試しているうちに自分にとって楽でカッコよく見えるスタイルが発見できるかと思います。

勇気を持って自分のスタイルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

前髪から来る薄毛

前髪から来る薄毛の場合は、普通前髪を長くし下ろすというのが基本です。
ですが、ヘアーサロンマキのスタイルの提案として
長くして下ろすということはいたしません。

長くして下しておくと、前髪の隙間からのぞくおでこが
すごく鋭角に入ってるように見えます。
それが、前髪から来てるねと言われる原因です。

なので、

前髪をおでこ半分くらいまで短くし、薄くなってきてる前髪をごまかすということをします。
「前髪全体を軽く」「生え際のM字部分を出す」です。
また、バックスタイルにすることでしっかりカバーできます。


てっぺんから来る薄毛

トップが薄くなってボリュームが出ない
いくらトップを立たせやすくカットしても立たない、細くなってきたり生えクセが強くなりそんなことが多くあります。
そんなときは、トップにパーマ(ゆるめのボディパーマ・ニュアンスパーマ)をかけ、ふんわりしたヘアースタイルがいいかと思います。
このパーマ見えないパーマと言われ、クルクルにならないよう毛先を逃がして巻いたり短時間のロッドアウトでボリュームがでるようにふんわりかけます。

あともう一つは、どうしてもつむじ付近が薄くなりますので、
そこをカバーするということで、バック~襟足を短くします。

つまり刈り上げを高くします。

横から見たときに、つむじ付近がペタンとなってるといけないのでね。
後頭部全体をタイトにします。

これは、50代のヘアスタイルでも言えることですが、
全体のバランスを考えてのスタイルですので、
刈り上げ嫌だなあと思ってもあきらめてください。

また、バックスタイルにもっていくと多少はカバーできますね。 

 

他にトップの薄いタレントとして、雨上がり決死隊の宮迫さん、クリームシチューの有田さんが挙げられます。

彼らはトップを立たせることによってボリュームを出しています。しかし、一般人が毎日あのスタイルができるかというと、ちょっと疑問・・・。

やはり、楽なスタイルを目指していくのが効率がいいのかと思います。

通販サロンマキ2号店

通販サロンマキ2号店
サロン商品全般取り扱ってます

髪のお悩み掲示板

髪に関するお悩み投稿をお待ちしております。

マキが一生懸命お答えします。

こちらからどうぞ

髪のお悩み掲示板


 

Copyright © 2017 東海市の理容室 ヘアーサロンマキ . All Rights Reserved.
Joomla! is Free Software released under the GNU General Public License.

Free Joomla! template by Age Themes